FC2ブログ

Con Meo 日記2020年02月

里親募集型の猫カフェNha Con Meoはいつでも里親募集中です。                                                              ぜひ運命の猫を探しに来てください。
2020/02/25(火)
Nha Con Meoからのお知らせ&お願い

 初めての方は必ずお読みください。「システムのご案内

 猫を保護された方はこちら。「猫を保護された方へ

 ※ご相談、お問い合わせはメールfwnv3447@mb.infoweb.ne.jpでお受けしています。お名前と連絡先(お電話番号)を明記のうえ、PCから受信できる設定でお送りください。できるだけ2~3日以内に返信しておりますが、返信がない場合は、着信拒否設定になっていないかどうかご確認くださいますようお願いいたします。


 Nha Con Meoは移転しました!!

 道路拡張工事で立ち退きとなったため、2019年2月に西町の旧店舗を閉鎖し、3月に諏訪野町にて移転オープンしています。電話番号は以前と同じですので、ナビに電話番号を入力さないますと、旧店舗に到着してしまうことになりますが、現在すでに建物は取り壊され、跡形もなくなっています。諏訪野町の住所でご来店いただきますようお願い申し上げます。
 
 尚、移転に伴いまして、営業時間等を変更させていただいておりますので、このブログのプロフィール欄でご確認くださいますようお願い申し上げます。


 Nha Con MeoのSNSはこちらから!!

 日々の猫達の様子や里親募集中の猫たち、営業時間の臨時変更などお店からのお知らせ…等々、こまめにアップしています。ぜひのぞいてみてくださいね。

 Facebook⇒FBページ

 ツイッター⇒「てんてん店長」のツイッター

 こちらもツイッター⇒Nha Con Meo
 
 インスタグラム⇒インスタグラムnhaconmeo

 

 ≪営業時間の変更につきまして≫

 現在のところ、営業時間の変更はありません。

 猫の病気などの事情で営業時間の変更がある際は、こちらのブログ、FBページ「てんてん店長」のツイッターインスタグラムnhaconmeo、および留守番電話の録音メッセージでお知らせしておりますので、ご来店前にご確認いただきますようお願い申し上げます。



 みなさん、こんにちは

 里親募集するつもりで某所で保護した子猫、とわちゃん。

 保護してから1カ月後の血液検査で白血病陽性、一縷の望みをかけて1カ月後に再検査をしましたが、やはり陽性ということで、ほかの猫と隔離して暮らしていました。

 途中で、同じ年のキャリア猫、レンちゃんを迎えて、2匹で仲良く暮らしていました。

 フードもほかの猫よりもずっといいものを与えていましたし、キャリアルームは一番日当たりのいい眺めのいい場所にしていました。

 でも、現実はそんなに甘いものではありませんでした。

 去年の8月、仲良しのレンちゃんが白血病を発症して、9月9日、空に帰りました。

 とわちゃんは、レンちゃんがいなくなったことをどう思っていたのでしょうか。

 最初のうちは元気だったのですが、秋になるころから、少しずつ、本当に少しずつですが、食べる量が減っていきました。

 1歳になり、成猫になったからなのかなぁと思いながら、のどに小骨が引っ掛かったような気持でいたのですが。

 新しい年を迎えようとするころ、明らかにおかしいと思うようになりました。


 とわちゃん、発症?
 とっても可愛いとわちゃんです(#^.^#)。


 年明け早々に診察。

 でも、心配していたリンパの腫れはありません。

 「白血病を発症した可能性は低い」という診断で、胸をなでおろしました。

 しかし、その後も、食欲は戻らず、元気もなくなっています。

 今度は血液検査をお願いしましたが、それも今の症状が説明できるような結果ではありませんでした。

 胸のレントゲンでも、お腹のエコーでもそれは同じ。

 薬を飲んでも、ほとんど変化がありません。

 少しずつ痩せて、動くことも少なくなりました。

 リンパ腫を発症しているのか、それともFIPか…。

 腹水も胸水もたまっていないので、遺伝子検査をすることができません。

 たとえFIPだと分かったとしても、不治の病です。

 新薬は100 万ぐらいかかると。FIPかどうかも分からないのに、100 万円もかけることはできません。

 

 でも、何もしないでいたら、確実に死に向かって進んで行きます。

 まずは、骨髄のリンパ腫かもしれないということで、その治療をすることになりました。

 翌日、ほんの少しだけ元気になったように見えました。

 そこで、とわちゃんが元気になれるものならと、私も頑張りました。

 嫌がる口を無理やり開けて、強制給餌。

 何度も吐き出す薬を、何度も飲ませました。

 そして、点滴…。これも嫌がりました。

 つらい日々でしたが、とわちゃんが元気になれるならと、気力を振り絞りました。

 でも、ある日、背中の点滴が左肩のあたりからひどく漏れます。漏れる箇所をティッシュで押さえて何とか点滴を終わりました。

 そしてしばらくすると、とわちゃんの肩が“やぶれて”います。何が起こったのかわからず、翌日、急いで病院へ。

 診察の結果は、「クッシング」とか「皮膚脆弱症候群」。全身の皮膚が破れていく難病です。

 ワンちゃんでは治療できるそうなんですが、猫では厳しいと。

 このままでは、とわちゃんの苦しみを長引かせるだけだと言われました。

 「安楽死」。

 その場では返事ができず、腰に点滴だけしてもらい店に戻りました。


 その日から、強制給餌も投薬も点滴もやめました。

 とわちゃんが好きなようにさせようと思いました。

 
 とわちゃんは元気だったころ、隣に人慣れトレーニングルームがあり、先にそちらにえさやりをしていると、「とわちゃんも、とわちゃんも」とばかりに、ドアの前をうろうろしていました。


 
 安楽死の話が出た翌日の様子です。


 それは状況が悪くなっても同じで、動かなくなった後ろ脚を引きずってベッドから降りていました。

 水も時々飲みます。指にのせたちゅーるも舐めてくれます。


 
 猫ボラTさんが撮影してくださいました。


 トイレも自分で行きます。トイレの中に入ることはできないので、その手前にワンちゃん用のトイレを置きました。

 そして、強制給餌をやめて10日後。

 もうトイレも行けません。

 何も食べません。

 夜1時ごろ見てみると、手足をバタバタさせています。痙攣しているようです。

 “その時”が来たのがわかりました。

 静かにとわちゃんを撫でて、いろんな話をしました。

 3時ごろ、息が止まりました。それから、何度か“ふーっ”と息を吐いて、動かなくなりました。

 最後まで頑張り屋さんだったとわちゃん。

 悲しいことですが、レンちゃんがいなくて本当に寂しかったんだと思います。

  
 とわちゃんのお隣の部屋の猫09013457429達
 とわちゃんを撫でているとき、ふと振り返ると…。

 同じ空間で過ごすことはありませんでしたが、ドア越しに仲良くなっていたのかもしれません。


 お別れには、たくさんのボラさんが駆けつけてくれました。


 とわちゃん、お別れです。
 とわちゃん、とっても奇麗だね。


 白血病は母子感染の場合、生涯キャリアになってしまうそうです。

 母猫が白血病なら、産ませないでほしい。

 白血病かどうかわからない野良猫ならなおさらです。

 エサをやるなら、避妊去勢手術を!!


 とわちゃんやレンちゃんのような、悲しい猫が生まれることがないように。
 


   
 ※Happy Cat 299 Clubの日々の活動はFBページの方でさせて頂いていましたが、現在はこちらでご紹介させ頂いています。これ以前の活動につきましては、どうぞこちらでご覧ください。

 


 こちらは久留米市の動物管理センターの収容状況です。飼い主さん、1日も早く迎えに行ってください。


 では、また

 



 

   
 
   

 
 「預かりボランティアさん募集のお知らせ」


 1.センターに持ち込まれた乳飲み子が離乳した後、里親さんのところへ行くまでの一時預かり。

 2.外にいたら命の危機があるような子は保護せざるを得ません。そのような子に治療を受けさせる間の預かり。

 3.行き場のない猫に里親さんが見つかるまで、もしくは猫ルームに欠員が出るまでの短期~長期の預かり。

 一時消えてしまった命は2度と戻りません。

 複数の預かりさんがいれば、次の預かりさんに託すこともできます。

 どうぞ命のバトンをつなぐリレーに参加していただけませんか。詳細は4月11日の記事をご覧ください。

 預かりは登録制です。預かっていただきたい猫がいない場合もあります。

 詳細はご相談しながら決めたいと思います。

 まずはお気軽に fwnv3447@mb.infoweb.ne.jp にお問い合わせください。

 どうぞ宜しくお願いします。




ぽちっと応援宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2020/02/06(木)
Nha Con Meoからのお知らせ&お願い

 初めての方は必ずお読みください。「システムのご案内

 猫を保護された方はこちら。「猫を保護された方へ

 ※ご相談、お問い合わせはメールfwnv3447@mb.infoweb.ne.jpでお受けしています。お名前と連絡先(お電話番号)を明記のうえ、PCから受信できる設定でお送りください。できるだけ2~3日以内に返信しておりますが、返信がない場合は、着信拒否設定になっていないかどうかご確認くださいますようお願いいたします。


 Nha Con Meoは移転しました!!

 道路拡張工事で立ち退きとなったため、2019年2月に西町の旧店舗を閉鎖し、3月に諏訪野町にて移転オープンしています。電話番号は以前と同じですので、ナビに電話番号を入力さないますと、旧店舗に到着してしまうことになりますが、現在すでに建物は取り壊され、跡形もなくなっています。諏訪野町の住所でご来店いただきますようお願い申し上げます。
 
 尚、移転に伴いまして、営業時間等を変更させていただいておりますので、このブログのプロフィール欄でご確認くださいますようお願い申し上げます。


 Nha Con MeoのSNSはこちらから!!

 日々の猫達の様子や里親募集中の猫たち、営業時間の臨時変更などお店からのお知らせ…等々、こまめにアップしています。ぜひのぞいてみてくださいね。

 Facebook⇒FBページ

 ツイッター⇒「てんてん店長」のツイッター

 こちらもツイッター⇒Nha Con Meo
 
 インスタグラム⇒インスタグラムnhaconmeo

 

 ≪営業時間の変更につきまして≫

 〇2月18日(火)は動物取扱業研修のため、臨時休業いたします。


 上記以外で営業時間の変更がある際は、こちらのブログ、FBページ「てんてん店長」のツイッターインスタグラムnhaconmeo、および留守番電話の録音メッセージでお知らせしておりますので、ご来店前にご確認いただきますようお願い申し上げます。



 みなさん、こんにちは

 

 一昨年の春から夏にかけて、孤独なTNR活動を続けていました。

 縁もゆかりもない個人のお庭で、一人で黙々と…。かなり辛い日々でした。

 その辺りのことはこちらで⇒「K地区の餌やりHさんの野良猫問題、ミッション完了です!! ……が(・_・;)。


 そして、その最後に保護したとわちゃん。

 まだ子猫で、人馴れトレーニングもしやすいサイズ。

 幸せなご家庭にお届けできるはずだったんです。


 でも、それはかなり難しいことが分かりました。

 こちらの記事をご覧ください⇒「白血病キャリアの子猫、とわ(=^・^=)。

 嬉しい(?)ことに、同じ年頃の白血病キャリアのお友達、レンちゃんを迎えることができて、2匹で仲良く暮らしていました。

 何とか発症しないよう、フードにも気を使い、移転してからは3階の東側。1番日当たりのいい場所に2匹専用の部屋も作りました。

 このまま、できるだけ長く…と思っていたのですが、悲しいことに、レンちゃんが発症し、あっという間に空に帰ってしまいました。

 それまでとても元気だったとわちゃんですが、一人ぼっちが寂しかったのか、少しずつ、少しずつ、食べる量が減っていきました。

 本当に少しずつの変化だったので、診察を受けるほどではないと判断してしまったんです。

 年が明けたころ、急激に量が減り始めました。

 ウエットも、ドライも、ペーストタイプのフードも、何をあげても、ほんの少し食べて終わり。

 診察を受けましたが、はっきりとした白血病発症の兆候はありません。

 触診でも、レントゲンでも、エコーでもリンパの腫れは見つかりません。

 血液検査でもはっきりとした異常はなく、何の治療をしたらいいのか、先生も頭を痛めておられます。

 もし、はっきりとしたリンパの腫れがあるなら、それに合わせた薬も飲ませることができます。

 FIPの可能性も否定はできませんが、腹水も胸水もたまっていないので、遺伝子検査をすることもできません。

 ※FIPについてはこちらで記事にしています。⇒「FIPについて思うこと


 そして、体重もどんどん減ってしまい、とうとう1㎏代になってしまいました。

 背中を触ると、ガリガリなのが分かります。

 今日は下半身に力が入らないようで、タム君のように、前足だけで移動しています。


 何とか回復して欲しい。


 考えられることは全部やっていくつもりです。

 皆さんも、どうぞとわちゃんに元気玉をお願いしますm(__)m。


 とわちゃん、発症?
 とっても可愛いとわちゃんです(#^.^#)。



   
 ※Happy Cat 299 Clubの日々の活動はFBページの方でさせて頂いていましたが、現在はこちらでご紹介させ頂いています。これ以前の活動につきましては、どうぞこちらでご覧ください。

 


 こちらは久留米市の動物管理センターの収容状況です。飼い主さん、1日も早く迎えに行ってください。


 では、また

 



 

   
 
   

 
 「預かりボランティアさん募集のお知らせ」


 1.センターに持ち込まれた乳飲み子が離乳した後、里親さんのところへ行くまでの一時預かり。

 2.外にいたら命の危機があるような子は保護せざるを得ません。そのような子に治療を受けさせる間の預かり。

 3.行き場のない猫に里親さんが見つかるまで、もしくは猫ルームに欠員が出るまでの短期~長期の預かり。

 一時消えてしまった命は2度と戻りません。

 複数の預かりさんがいれば、次の預かりさんに託すこともできます。

 どうぞ命のバトンをつなぐリレーに参加していただけませんか。詳細は4月11日の記事をご覧ください。

 預かりは登録制です。預かっていただきたい猫がいない場合もあります。

 詳細はご相談しながら決めたいと思います。

 まずはお気軽に fwnv3447@mb.infoweb.ne.jp にお問い合わせください。

 どうぞ宜しくお願いします。




ぽちっと応援宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

 | Copyright © Con Meo 日記 All rights reserved. | 

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ