試練は続きます(^^;)

久留米市初の猫カフェNha Con Meoのブログ。猫と出合って、触れ合って、幸せになれる猫カフェです。里親募集も。
2012/11/09(金)
 みなさん、こんにちは

 久しぶりの更新になってしまいました


 前回は、ジローちゃんが白癬に感染していたところまでお伝えしていましたね。

 ジローも頑張ってます
 ボク、頑張ってますよ


 その日の夜、ホームステイ(一時預かり)ニャンのメスのリーちゃんのおでこに赤い点と抜け毛を発見しました。血の気が引きました。

 ジロー兄弟とキジ兄弟は猫団子を作って寝ていましたし、仲良しでした。

 猫団子
 このとき、こんな事態になろうとは夢にも思いませんでした

 翌日、すぐにミケコとキジ兄弟のオスのチョモとメスのリーちゃん、そして2、3日前にジローと相撲をとっていたてんてんを病院へ連れていきました。

 検査の結果、キジ兄弟ではなく、ミケコが感染していました。見た目には何の変化もありませんが、いつもの暗室のライトの下、ミケコの耳が光っていました。幸い、てんてんは白でした。

 これでミケコも隔離生活に突入です。可愛そうですが、仕方がありません。

 ミケコを待っててくださいね。
 ミケコのこと、待っててくださいね


 ため息をついていたら、まだまだ続きがありました

 キジ兄弟の最初の里子、ショコラちゃんに続きトライアルに出ていたシエルちゃん。

 シエルちゃん


 里親のS様からお電話がありました。

 耳に症状が出ていると…。病院で皮膚の一部を培養する検査をしていますが、結果は早くても1週間先とのことで、ご家族に皮膚の弱い方がいらっしゃるなら、要注意だということでした。

 泣く泣くトライアルを中止する決断をなさいました。

 その日のうちにシエルちゃんが戻ってきました。そして、昨日の検査では白だったリーですが、耳の付け根辺りにも抜け毛が…。

 その日は休診日だったため、とにかくケージを買い込み、トイレ・ベッドを準備して深夜になりましたが、何とか隔離できました。

 次の日の朝一番で病院へ。こうなったら、全員検査を受けなくてはなりません。

 キャリーの数が足りないので、2度に分けて病院まで2往復しました。

 結果は予想通り、キジ兄弟の耳や目の上など、顔のどこかが光っていました。

 でも、幸いなことに、大人の猫たちはみんな無事でした。

 やはり子猫達はよく、くっついて寝たり、取っ組み合いをしたりしていたので、接触の機会が多かったのです。それだけ、感染のリスクは高かったのでしょう。

 …というわけで、最初に発症したチビ黒ニャンとキジ3兄弟、そしてジロー・ミケコ兄弟の6匹をケージに隔離しています。お客様に遊んでいただくことも、譲渡することもしばらくはできなくなってしまいました。

 本当に申し訳ございません。

 
 その代わりというわけではないのでしょうが、シエルちゃんが戻ってきた夜、こんな風景が見られました。

 猫じゃらしとお福ちゃん
 今まで籠っていたケージを子猫たちに占領され、行き場がなくなって出てきたお福ちゃん。

 写真は取り損ねてしまいましたが、トトさんもどこかから落ちてきた結紮バンドで遊んでいました。あんなに無邪気に遊ぶトトさんは珍しいです。

 
 しばらくはてんてん、さわ、トト、わさび、モカちゃん、ちーちゃん、そして新入りのお福さんが皆様のお相手をさせていただきます。

 本来はみんな遊び好きなコばかりです。これまでは遊ぼうとすると、先に子猫たちが遊び出していたので、“大人の対応”をしていただけなのです。ぜひ大人の猫たちと遊んでやってください。

 遊びましょ
 遊びましょ

 そして、まったりタイムにはモカちゃんをお膝に乗せたり、さわちゃんを撫でてやったりしてください。

 どうぞ宜しくお願いします。


 Nha Con Meoでは、引き続き除菌に努めて参りますが、お客様におかれましても、ご来店とお帰りの際には入念な手洗いと消毒にご協力くださいますよう、改めてお願い申し上げます。

 また、素足でのご来店は控えていただきますよう重ねてお願い申し上げます。

 
 治療が終わりましたらまたご報告させていただきますね。 
スポンサーサイト
この記事へのコメント:
なんでCon Meoさんの子達ばかりが次から次へとなんでしょうね感染力が強いのですね時間かかると思いますが頑張って下さいね。チビちゃん達は遊びたい盛りでケージの中は辛いと思いますが我慢ですね一日も早く菌がいなくなり自由に遊んで回れる様になるといいですね
頑張って下さいね!応援してます
2012/11/09(金) 20:37 | URL | 澪 #-[ 編集]
澪 様

 暖かいコメントありがとうございます。

 多頭飼育の現場では、どこでもこんなリスクを抱えていると思います。

 今回は皮膚病でしたが、もっと恐ろしい、命に係わる感染症もあります。そんな感染症でなくてよかったと、少し胸をなでおろしている自分もいます。

 子猫たちはかわいそうですが、大人の猫たちは機嫌がいいです。体は大人ですが、心は子猫ですから。この間に大人の猫たちのたまったストレスを発散してもらおうと思います。

 子猫も私も頑張っていきますので、今後とも応援よろしくお願いいたします。
2012/11/09(金) 21:32 | URL | マネージャーJ #-[ 編集]
真菌は、ケージ隔離しても
宙を舞う毛が散れば他の猫にも人間にも感染します。

完全別部屋で
毎日周りを消毒しないとどんどん広がるし
すごくやっかいな病気です。

治るのも長い子は数カ月かかります。

とにかく完全隔離と薬と消毒を
してあげてください。

2012/11/10(土) 14:51 | URL | momo #JalddpaA[ 編集]
momo 様

 本当にやっかいですね。毎日痛感しています。

 1日も早く譲渡が再開できるよう、momoさんのアドバイス、そして専門家の指示を仰ぎながら頑張って治療していきたいと思います。

 コメントどうもありがとうございました
2012/11/10(土) 19:40 | URL | マネージャーJ #-[ 編集]
URL:
コメント:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © Con Meo 日記 All rights reserved. | 

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ