改めて「命のバトンボランティア」さんを募集します。

久留米市初の猫カフェNha Con Meoのブログ。猫と出合って、触れ合って、幸せになれる猫カフェです。里親募集も。
2013/09/17(火)
Nha Con Meoからのお知らせとお願い


 〇入店の最終受付は閉店30分前です。

 〇素足でご来店になるお客様、最近はたくさんの方が靴下をお持ちいただけるようになりました。本当にありがとうございます。今後も靴下の着用に、ご理解・ご協力いただきますよう、お願い申し上げます。

 〇平日限定パックは9月をもちまして終了いたします。これまでご利用頂きまして、誠にありがとうございました。



 【イベントのお知らせ】
 



 しあわせにゃんこのためのチャリティーヨガ

 主催:キャットパラダイス


日時:10月13日(日) 午前の部:10時半~12時/午後の部:1時~2時半
 
会場:久留米市六ツ門町3-11 くるめりあ六ツ門6階

    久留米市市民活動サポートセンターみんくる

 チケット:500円

  
※収益はすべて飼い主がいない外猫の避妊去勢手術と、譲渡に必要な健康チェック・治療に充てさせていただきます。

 チケット発売箇所


  〇猫カフェ Nha Con Meo

    久留米市西町1098-3-2階 0942-65-5604



   
 どうぞ宜しくお願い致します。



 

 みなさん、こんにちは

 
 全国の動物愛護・管理センターには、日々多くの犬・猫が持ち込まれています。

 そして持ち込まれた犬・猫たちの多くが生きるチャンスを奪われ、炭酸ガスによって、長い長い苦しみを経て命を絶たれます。

 ガス室で死にきれなかった子たちは、生きながら焼却されます。

 
 そして、Nha Con Meoがある久留米市にも動物管理センターがあり、日々犬・猫たちが持ち込まれています。

 持ち込まれる数が多すぎて、全てを助けることはできないのですが、たとえたった1匹でも、救えないよりはずっといい。私はそう考えています。

 そして、Nha Con Meoだけでは救えなくても、猫好きさんの力を集めたら、救える命が1匹から2匹になるかもしれない。もしかしたら、もう少し救えるかもしれない。

 というわけで、猫好きさんの力を集めるネットワークを作りたいと思っています。

 それが「命のバトンボランティア」という構想です。

 これまでもお伝えしてきましたが、改めて募集させていただきます。

 
 センターに持ち込まれた時、もし、収容場所があれば生きるチャンスがあります。でも、場所がない時、その子の運命は決まってしまいます。

 ですから、場所を開けるためにも、今いる子たちを引き出して次の預かりさんや里親さんに渡すまでの一時預かりをしていただきたいのです。


 17号ちゃんと18号ちゃん
 この子たちもセンターから引き出してきました。可愛い盛りです
 
 引き出せる子たちは健康チェック済みですので、基本的に健康上の問題はありません。


 19号ちゃん
 この子もセンターからの引き出しです。19号、げんきと名付けました。験のいい名前です。



 不幸なのはセンターの子達だけではありません。

 飼い主のいない猫たちが外で辛い生活を送っています。

 寄生虫、ウイルス、細菌、疾走する車、飢えたカラス…飼い主のいない外猫たちの寿命は1年から3年だと言われています。

 つい先日もこんな子が保護されました。

 失明した子猫
 左目の眼球が腫れあがってこうなっているのでしょうか…もう視力は戻りません。 


 初めて見る、こげ茶色と白のハチワレちゃん。目が治ればかなりのイケニャンになります。

 まだ兄弟猫たちはママのおっぱいを吸っている小さい小さい子猫です。

 17・18・19号よりちょっぴり小さそうです。


 
 捨て猫が多い某所で、個人ボラさんが保護されました。

 実は事前に相談があったのです。

 治療を受けさせることはできるけれど、その後、置く場所がないと。

 ボラさんもすでにたくさんのワンニャンを保護されていて、もうこれ以上増やせないのです。

 元の場所に戻せば、無事な右目も失い、やがて命まで失うことでしょう。


 Nha Con Meoの新入りスタッフ、受付嬢のまる子も片目を失いましたが、元気に生きています。

 片目のまる子
 片目だって平気よ


 そこで、今回は、動物管理センターから引き出した子を預かっていただく予定にしていた方にお願いすることにしました。

 最初は驚かれたそうですが、とてもお利口さんで、すぐに慣れて膝の上でゴロゴロ言ってるそうです。

 薬も塗らせてくれて、エサもちゃんと食べてくれる、この調子なら大丈夫だと思いますとメッセージをいただきました。


 預かり期限は、最長来春までとのこと。

 それまでに里親さんが見つからない場合は、また次の預かりさんを探すことになります。



 そこでお願いです

 殺処分されてしまうセンターの猫たち、命の危機にさらされている飼い主のいない外猫たちを期限付きで預かっていただけないでしょうか。


 〇転勤族でいつまで筑後地区にいるか分からないけど、こっちにいる間は猫を飼いたい。

 〇年齢的、あるいは健康上の不安などで、終生飼養に責任を持つことはできないけれど、猫を飼いたい。

    …といった方を想定していますが、もちろんこれに限ったことではありません。


 一度失われた命は戻りません。

 命のバトンをつなぐリレーに参加していただけませんか。

 詳細はご相談しながら決めたいと思います。

 まずはお気軽に fwnv3447@mb.infoweb.ne.jp にお問い合わせください。



 どうぞ宜しくお願いします。

 

 もちろん、終生共に生きる家族の一員として猫たちを迎えてくださる方も大募集中です。

 詳細はこちら

 どうぞ宜しくお願いします。

 

 里親募集中
 今はみんな預かりさんのお宅にいます。


 


 そして、重ねてお願いがあります。

 先日よりお伝えしております、大量遺棄された猫たちの健康チェックや治療、ワクチン、避妊去勢などに大変な費用が掛かります。

 身勝手な人間の手によって遺棄された猫たちを救うために、どうぞ募金にご理解・ご協力を頂きますよう、お願い申し上げます。


 お振込先は…


 郵貯銀行(郵便局窓口)
 支店名      久留米東町郵便局
 口座名      くるめ動物応援団
 口座番号記号  17450 93513751



 皆様の温かいご支援をお待ちしております。

 
 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

 では、また

 



ぽちっと応援宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

Nha Con Meoのfacebookページも宜しくお願いします
スポンサーサイト
この記事へのコメント:
URL:
コメント:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © Con Meo 日記 All rights reserved. | 

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ