キジママの命、つながりました!!

久留米市初の猫カフェNha Con Meoのブログ。猫と出合って、触れ合って、幸せになれる猫カフェです。里親募集も。
2013/09/20(金)
 みなさん、こんにちは

 先日お伝えした、久留米市動物管理センターに収容されていたキジ猫ママ、金曜日には処分場へ連れて行かれるはずだったのですが、何と、引き出しをしてくださる方が!!

 とある男性がボランティア登録をされて、母猫と子猫の3匹とも引き出しをしてくださることになったのだそうです。

 なので、金曜日の処分はなし!!


 皆さんには本当にご心配をおかけしました。

 情報拡散にご協力いただいた皆さんにも心から感謝します。


 ただ、今回のように引き出しできる子は決して多くはありません。

 去年度、市のセンターに持ち込まれた猫は605頭、そのうち565頭が殺処分されています。

 助かった子はわずか40頭…本当にわずかです。


 なぜこんなことになるのでしょうか。

 
 皆さんのご自宅や敷地内に野良猫が子猫を産んだらどうされますか。

 1匹ではなく、5~6頭です。

 
 保護して里親探しをされますか。

 それともそのまま放置されますか。

 それとも保健所に持ち込まれますか。


 何が正解か誰にも分かりません。


 ただ、どうしてそんなことになるのか、その答えはあります。

 避妊去勢をしていないからです。

 野良猫に餌をやるなら避妊去勢をお願いします。

 自宅の猫を外に出させるなら、必ず避妊去勢をお願いします(本当は完全室内飼いをお願いしたいです)。


 565頭の猫を救うことはできません。

 でも、生まれないようにすることはできるのではないでしょうか。


 皆さんの周囲に餌やりさんがいらっしゃったら、避妊去勢しないで外に出して飼っている飼い主さんがいらっしゃったら、「なんか猫カフェのブログに書いてあったよ」と伝えていただけないでしょうか。

 
 どうぞ宜しくお願いします。


 
 
 
スポンサーサイト
この記事へのコメント:
URL:
コメント:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © Con Meo 日記 All rights reserved. | 

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ