管轄保健所に問い合わせる

久留米市初の猫カフェNha Con Meoのブログ。猫と出合って、触れ合って、幸せになれる猫カフェです。里親募集も。
2012/04/17(火)
 みなさん、こんにちは


 ずいぶんお久しぶりです、猫カフェ開業までの道。

 前回は、猫カフェ開業に必要な動物取扱業の登録申請に必要な資格を取得するために試験を受けるところまでお伝えしていました。

 2月の中旬に予想通り(?)無事合格のお知らせを頂きましたので、早速資格を得るための手続きをしました。


 合格のお知らせ
 地味なお知らせ。もそっと派手でも、いいよ


 そして、やっと念願の資格証を手にすることができました。わーい!!!

 資格証


 これがあれば動物取扱業の登録申請ができる!!

 早速久留米市の動物管理センターへ。




  …甘かった。


 申請書類には、「事業所の所在地」「飼養施設の詳細」「施設付近の見取り図」などなどの詳しいことを書かなくてはならないんです。

 つまり、開業する物件を決めて、間取りの設計をして、見取り図を用意するのが先だったんです。ホントに甘かったなぁ

 
 開業に必要な営業許可も同様。


 ただ、聞くところによると、自治体によって許可される範囲が違ってくるらしいので、とにかく保健所に相談してから動くことが大切みたいです。

 
 例えば、たいていの猫カフェはお食事スペースとニャンコたちがいるスペースは一緒になっているのですが、これが微妙らしい。

 某県に1つしかない猫カフェのオーナーさんにお話を伺ったとき、こんなことを聞きました。

 「初めての猫カフェなので保健所もよく分からず、他県の保健所に聞かれたそうです。そしたら、その県では猫のスペースと飲食スペースが一緒でOKということになっている。これは食品衛生という観点からどうなんだろうと。次に審査があれば通らないかもしれないそうですよ」

 ちなみにそのカフェでは食事スペースと猫のスペースは別々になっていました。

 厳しさの基準は本当に自治体で違います。

 殺処分を減らすために努力を続けているセンターもあれば、あまりの数の多さに機械的に処分せざるを得ないセンターも。

 
 ちょっと話がそれましたが、保健所や動物管理センターとは長いお付き合いになるのですし、連絡をこまめにとっていろいろ確認しながら進めていく事が大切なようです。

 
 というわけで、ただいま物件セレクト中でございます。


 そちらの話はまた別の機会に…。


 では、また 
スポンサーサイト
この記事へのコメント:
URL:
コメント:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © Con Meo 日記 All rights reserved. | 

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ