ボンネットの中から子猫の鳴き声が…(・。・;

久留米市初の猫カフェNha Con Meoのブログ。猫と出合って、触れ合って、幸せになれる猫カフェです。里親募集も。
2014/11/29(土)
Nha Con Meoからのお知らせとお願い



【年末年始の営業につきまして】

 12月29日(月)~1月2日(金)、年末年始の休業とさせていただきます。

 どうぞ宜しくお願い致します。



 ★☆★フードメニュー(フォー、ベトナム春雨ヌードル、揚げ春巻き、生春巻き)は予約制です。前日の午前中までにメール、お電話にてご連絡ください。皆様からのご注文、お待ちしております(=^・^=)★☆★


 〇Nha Con Meoでは靴を脱いで入室いただいておりますが、その際、衛生上の理由により、靴下の着用をお願いしております。どうぞ、ご理解・ご協力いただきますようお願い申し上げます。



 みなさん、こんにちは

 ちょっと想像してみてください。

 夜中、もしくはまだ夜も明けきらぬ早朝、1人で車を運転していたその時、どこからか“ミャーミャー”と猫の鳴き声が…

 車を止めて耳を澄ましてみると、どうやらそれはボンネットの中から響いてきます。

 周りは暗くてボンネットの中もはっきり見えません。

 たった一人、夜の暗闇の中、ボンネットの中から聞こえてくる猫の鳴き声。

 皆さんだったらどうしますか。

 もし、エンジンをかけて、猫が巻き込まれてしまったらと思うと、もうエンジンをかける勇気もなくなるでしょう。

 
 ちゃとらちゃんと私の車
 とある寒い二月の公園で。私の車に野良猫が乗っていました。

 

 …先日、猫ボラYさんが実際に経験されたことです。

 今回はYさん、傷だらけになりながらも何とか猫を救い出すことができたのですが、もし自分だったらそれができたかどうか自信がありません。
 
 すぐに舞い上がってしまう私のこと、冷静にボンネットを開けられるかどうかさえ不安です。

 
 冬になると、「エンジン始動前にボンネットをコンコンしましょう」という呼びかけがされるようになります。

 私もフェイスブックなどでシェアしたのですが、実は…実行できていませんでした。

 何となく大丈夫な気がして…。

 でも、今回のYさんの一件で反省しました。

 
 今度、明るい時に、まずボンネットを開けてみようと思います。

 中の様子がどんなふうになっているのか、機械音痴の私でも分かる範囲で観察してみないと。

 そして、車に乗る前にはボンネットを“コンコン”してから車に乗り込むこと。


 万一、中に猫が入り込んでいて、エンジンに巻き込まれでもしたら…想像したくもありませんが、実際にそのようなことがひとつのタクシー営業所で年間10件ほどあるそうなのです。

 車を愛する方にとっても、猫を愛する方にとっても、悲劇です。


 こちらのページにとても分かりやすくまとめてありますので、ぜひご覧ください。


 私もあなたもコンコンコン

 標語みたいですが、ぜひ今日から実行します。


 大切な命と車を守るためにも、もしまだの方がいらっしゃったらぜひお願いします。

 


 
 
 こちらは久留米市の動物管理センターの収容状況です。飼い主さん、1日も早く迎えに行ってください。


 




 では、また

 



 

   
 
   

 
 「命のバトンリレー 預かりボランティアさん募集のお知らせ」


 殺処分されてしまうセンターの猫たち、命の危機にさらされている飼い主のいない外猫たちを期限付きで預かっていただけないでしょうか。


 〇転勤族でいつまで筑後地区にいるか分からないけど、こっちにいる間は猫を飼いたい。

 〇年齢的、あるいは健康上の不安などで、終生飼養に責任を持つことはできないけれど、猫を飼いたい。

    …といった方を想定していますが、もちろんこれに限ったことではありません。


 一度失われた命は戻りません。

 命のバトンをつなぐリレーに参加していただけませんか。

 詳細はご相談しながら決めたいと思います。

 まずはお気軽に fwnv3447@mb.infoweb.ne.jp にお問い合わせください。



 どうぞ宜しくお願いします。

 





ぽちっと応援宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

日々のNha Con Meoのニャンズの様子はfacebookページでもご紹介しています。
スポンサーサイト
この記事へのコメント:
URL:
コメント:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © Con Meo 日記 All rights reserved. | 

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ