大ちゃん、お帰り(#^.^#)

久留米市初の猫カフェNha Con Meoのブログ。猫と出合って、触れ合って、幸せになれる猫カフェです。里親募集も。
2015/11/24(火)
Nha Con Meoからのお知らせとお願い


 ★☆★フードメニュー(フォー、ベトナム春雨ヌードル)は予約制です。前日の午前中までにメール、お電話にてご連絡ください。皆様からのご注文、お待ちしております(=^・^=)★☆★

 ※生春巻き・揚げ春巻きはしばらくお休みさせていただきます。再開しましたら改めてお知らせしますので、どうぞ宜しくお願いします。


 〇Nha Con Meoでは靴を脱いで入室いただいておりますが、その際、衛生上の理由により、靴下の着用をお願いしております。どうぞ、ご理解・ご協力いただきますようお願い申し上げます。



 みなさん、こんにちは


 猫飼いの皆さんなら誰しも経験があることと思いますが、猫が食べたものを吐くのはそんなに珍しいことではありません。

 子猫でも、吐くことはありますし、実際、慌てて病院へ連れて行って、なんてことなかったって経験もあります。


 それは11月19日の事でした。

 ちょうどグレグレ兄弟を2回目の混合ワクチンにも連れて行かないといけませんでしたし、そろそろ生後2か月を迎えたちびねこちーちゃんと大ちゃんのワクチンと血液検査もしないといけないなぁと思っていました。

 ただ、まだ猫ルームは満員で入れませんし、もう少し先でもいいかとも思ったのですが、18日の晩、吐いたんです、大ちゃんが。

 食べたフードをほとんどそのままの形で吐いていました。そのあとは形のない水分まで。

 少しだけ気になったので、ぐれぐれ兄弟とちーちゃんと一緒に動物病院に連れて行きました。

 これまで未熟児だったちーちゃんの事は心配していたのですが、大ちゃんは健康優良児で、すくすく育っていましたので、あまり気にかけたことはありませんでした。

 心配していた血液検査、ちーちゃんはエイズ・白血病ともにマイナス、ほっと胸をなでおろしたのも束の間。

 大ちゃんの番になって、「ん?なんかおかしいぞ」…触診で先生がいつもと違うものを感じたようでした。

 「これは、腸重積みたいだな」…チョウジュウセキ…なんじゃ、そりゃ?

 腸が腸の中に入り込んでしまう病気だそうで、人の子供さんも子犬もかかることがあるのだそうです。

 エコーで見てみると、やっぱり腸重積の疑いが濃厚。

 このまま放置しておくと、命に係わるということで、即日入院して緊急開腹手術をすることになりました。

 もし、重なっている腸が壊死を起こしていたら腸を切除しないといけないのですが、そうなると太さの違う大腸と小腸をつなげることになり、それがとても難しいのだそうです。

 まだ1キロ少しの大ちゃんが、そんな大手術を受けることになるなんて、考えてもいませんでしたが、先生を信じてお任せするしかありません。

 ずっと大ちゃんと一緒に過ごしていたちーちゃんも寂しそうです。まるで子猫が母猫を探すときのような声で切ない声を上げるので、すでに18匹と定員をはるかにオーバーしている猫ルームに入れることにしました。

 夕方、病院から電話があり、「無事終わりましたよ」と(^_^;)。

 幸い腸は壊死していなかったそうですが、腸の一番外側の層、漿膜が破れていてそこを縫う処置をしてくださったそうです。

 翌日から水分、3日目から流動食ということで、連休中は会いに行くこともできず、ただちーちゃんとお利口さんに待つことになりました。

 そして、連休明けの今日、病院から「大ちゃん、元気ですよ」と連絡を頂きました。

 実は大ちゃんが入院した翌日から、猫ルームの猫達、次々に食欲不振、嘔吐、発熱などで体調を壊していました。

 猫ルームにいる数が多すぎて、みんなストレスをためていたんだと思います。

 土曜日・日曜日と連続して店を閉めて病院へ行き、診察を受けました。

 幸い、特に大きな問題は見つからず、最初に体調を崩した子も2~3日で元気を取り戻していました。

 ただ、大ちゃんを迎えに行こうとしたその時、今度はちーちゃんがくったりしているように見えました。

 念のために一緒に病院へ連れて行ったところ、発熱していました。


 元気のないちーちゃんとは対照的に、カラーをつけた大ちゃんの元気なことと言ったら…。

 まるでゴムボールのように弾けています。走り回り、飛び回り…。


 だいちゃん、退院②
 弾けすぎて写真が撮れません(-_-;)。



 入院中に遊んでいない分を取り返すように…。

 発熱中のちーちゃんが相手をできるはずもなく。

 今度はちーちゃんを猫ルームの外に出して、大ちゃんを猫ルームに入れることになりました。

 何にしてもよかったです。

 ごめんね、みんな。ストレスになるほど猫を増やしてしまった…。

 いつの日か、動物管理センターに持ち込まれる猫がいなくて、猫ルームに入れる猫が足りなくて困る、なんてそんな日が来ることを祈っています。


 取り合えず、今は…大ちゃん、お帰り。お疲れ様(=^・^=)。


 だいちゃん、退院①
 うん、ボク、ただいまだよ(=^・^=)




 
 
 

 

 
  
 
 
  日々のNha Con Meoのニャンズの様子はfacebookページでもご紹介しています。



 こちらは久留米市の動物管理センターの収容状況です。飼い主さん、1日も早く迎えに行ってください。


 




 では、また

 



 

   
 
   

 
 「預かりボランティアさん募集のお知らせ」


 1.センターに持ち込まれた乳飲み子が離乳した後、里親さんのところへ行くまでの一時預かり。

 2.外にいたら命の危機があるような子は保護せざるを得ません。そのような子に治療を受けさせる間の預かり。

 3.行き場のない猫に里親さんが見つかるまで、もしくは猫ルームに欠員が出るまでの短期~長期の預かり。

 一時消えてしまった命は2度と戻りません。

 複数の預かりさんがいれば、次の預かりさんに託すこともできます。

 どうぞ命のバトンをつなぐリレーに参加していただけませんか。詳細は4月11日の記事をご覧ください。

 預かりは登録制です。預かっていただきたい猫がいない場合もあります。

 詳細はご相談しながら決めたいと思います。

 まずはお気軽に fwnv3447@mb.infoweb.ne.jp にお問い合わせください。



 どうぞ宜しくお願いします。




 日々のNha Con Meoのニャンズの様子はfacebookページでもご紹介しています。





ぽちっと応援宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事へのコメント:
次々に大変でしたね!Σ( ̄□ ̄;)
当事者のにゃんさん達が一番つらかったと思いますが、松尾さんも神経すり減ったことと思います。
お疲れ様でした!

大ちゃん、無事に手術が終わって元気になってくれてよかったです☆
穏やかに過ごしてるように見えて、やはり集団生活はストレスなんですね(;_;)
里親さんを待ってるコたち。はやく、新しい家族に出会えるといいですね(>_<)
2015/12/04(金) 23:21 | URL | 西山 #-[ 編集]
西山様

 猫の病気は本当に神経をすり減らします。自分の体なら分かりますが、物言わぬ猫達のことですし。

 大ちゃんが腸重積で緊急手術した翌日にくろすけが吐いたので、血の気が引きました。もう速攻店を閉めて病院でしたよ。そして、その日の夕方から次の日の朝にかけて次々に猫達の体調が悪くなって。気が気ではありませんでした。

 数が多すぎるんです。減らさないといけないのですが、今年はセンターからの引き出し、少し無理をしました。猫達には悪いことをしたと思っていますが、消えてしまうとわかっている命をそのままにできなかったんです。

 一日も早く持ち込みがなくなることを願うばかりです。

 これからもどうぞ宜しくお願いしますm(__)m。
2015/12/05(土) 13:50 | URL | マネージャーJ #-[ 編集]
URL:
コメント:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © Con Meo 日記 All rights reserved. | 

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ