この子達の命、風前の灯です(T_T)。

久留米市初の猫カフェNha Con Meoは常設の譲渡会場。                                                           可愛い猫達が皆さんとの出合いを待っています。                                                              ぜひ運命の猫を探しに来てください。
2018/05/21(月)
Nha Con Meoからのお知らせとお願い


 ≪5月の営業日につきまして≫
    
 今月は通常営業の予定ですが、猫の急病などの理由により営業時間が変更になることがございます。

 その際はブログ、FBページでお知らせしておりますので、ご確認いただきますようお願い申し上げます。






 ≪携帯からメールを送られる方へお願いです≫

 Nha Con Meoにメールをくださった方には翌日までに必ず返信しておりますが、携帯から送られた場合、PCからの受信拒否設定をされているようで、返信しても戻ってくることが大変多くなっています。

 大変恐縮ですが、Nha Con Meoからの返信がないという方、fwnv3447@mb.infoweb.ne.jpから受信できるよう設定をしていただき、改めてメールを送ってくださいますようお願い申し上げます。

 ご相談はお名前、お住まいの地区、連絡先を明記の上お送りください。

 


 ≪靴下の着用につきましてお願いm(__)m≫

 Nha Con Meo&くるめ猫部屋では靴を脱いで入室いただいておりますが、その際、衛生上の理由により、靴下の着用をお願いしております。素足でのご入室はできませんので、どうぞよろしくお願い申し上げます。



 皆さん、こんにちは。

 今日は辛い記事です。

 猫の愛護活動を続ける中で、すべての野良猫を助けることはできない、殺処分されるすべての猫を助けることはできない、それは分かっています。

 どこかであきらめなくてはならないこともあります。

 でも、関わってしまった以上、黙って見送ることはしたくない。

 今回は奇跡を願っての記事です。


 とあるご老人、1人で暮らせなくなり子供さんのご家族と一緒に暮らすことになりました。

 そこで、猫たちをどうしても手放さざるを得ないそうです。

 近日中にも動物管理センターに持ち込むと。

 この春の出産シーズン、動物管理センターも猫であふれています。

 すでにそこには殺処分せざるを得ない猫たちもいます。今日の午後、また持ち込まれたら、もう何匹か明日処分場に行くそうです。

 そんなところに持ち込まれたら、次の処分日…金曜日か火曜日…には処分場に連れて行かれることでしょう。

 これまで人と一緒に暮らしてきた子達が、ガス処分される…可哀想でなりません。

 そんなに若くはないようですが、まだまだとてもきれいです。



 高齢者の方が手放すことになったペア猫さん
 とても可愛い2匹です(*^_^*)。


 オスとメスのペア、避妊去勢は終わっています。

 この子達を迎えてくださる方、いらっしゃらないでしょうか。


 そして、もう一匹、原因は分からないのですが、この子は下半身が麻痺しているようです。


 傷病白猫さん
 小さい段差も上れないと(T_T)。



 今は一時的に保護されていますが、そこにももうすぐいられなくなります。こちらも近いうちに管理センターに持ち込まざるを得ないそうです。


 とても綺麗な白猫。

 この子を引き取るとなると、お世話や経済的な負担も軽くないでしょう。

 それでも、この子の最後は、センターの処分場ではなく、温かい人のそばで迎えさせてあげたい。

 でも、今のNha Con Meoとくるめ猫部屋にその力はありません。

 この子に最後まで寄り添ってくださる優しい方、いらっしゃらないでしょうか。


 詳しい事情はここに記載することはできないので、猫カフェNha Con Meo  fwnv3447@mb.infoweb.ne.jpまでお尋ねください。

 どうぞ宜しくお願いしますm(__)m。




 日々のNha Con Meoのニャンズの様子はfacebookページでもご紹介しています。



 こちらは久留米市の動物管理センターの収容状況です。飼い主さん、1日も早く迎えに行ってください。


 では、また

 



 

   
 
   

 
 「預かりボランティアさん募集のお知らせ」


 1.センターに持ち込まれた乳飲み子が離乳した後、里親さんのところへ行くまでの一時預かり。

 2.外にいたら命の危機があるような子は保護せざるを得ません。そのような子に治療を受けさせる間の預かり。

 3.行き場のない猫に里親さんが見つかるまで、もしくは猫ルームに欠員が出るまでの短期~長期の預かり。

 一時消えてしまった命は2度と戻りません。

 複数の預かりさんがいれば、次の預かりさんに託すこともできます。

 どうぞ命のバトンをつなぐリレーに参加していただけませんか。詳細は4月11日の記事をご覧ください。

 預かりは登録制です。預かっていただきたい猫がいない場合もあります。

 詳細はご相談しながら決めたいと思います。

 まずはお気軽に fwnv3447@mb.infoweb.ne.jp にお問い合わせください。

 どうぞ宜しくお願いします。




ぽちっと応援宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村




 
スポンサーサイト
この記事へのコメント:
いつもありがとうございます。

なんとか、なんとかならないものか、、
辛いです。
もうあまり時間がないのですよね、、
2018/05/22(火) 22:03 | URL | しろちゃん #-[ 編集]
"とあるご老人、1人で暮らせなくなり子供さんのご家族と一緒に暮らすことになりました。

 そこで、猫たちをどうしても手放さざるを得ないそうです。

 近日中にも動物管理センターに持ち込むと。"

無責任に思えてなりません。里親探しをしてどうしてもみつからなければ、終生飼養をしてくれる団体に頼むべきでは?2匹なので10万円以上かかるかもしれませんが、それでも今後飼育する費用を考えれば安いものだと思います。猫にとっては幸せだとはいえない環境かもしれませんが、殺処分されるよりは断然いいと思いますが…。
2018/05/23(水) 09:14 | URL | May #InnHFb..[ 編集]
May 様

 おっしゃる通りです。これまで長い間一緒に暮らしてきた家族を、手放すとか管理センターに持ち込むとか、そんなことはあってはならない選択です。

 迎える方の家族も、ずっと父親と暮らしてきた家族なのだから、一緒に迎えて欲しいと思います。

 ただ、事情で直接接触できないので、どうしようもないのです。

 何とか助けたいと思っています。

 コメントいただき、ありがとうございました。

 
 
2018/05/23(水) 17:47 | URL | マネージャーJ #-[ 編集]
しろちゃん 様

 いつもありがとうございます。

 悲しいことですが、この子達はたまたま目に留まったからSOSを発信できますが、SOSを発信できないまま処分されている命がどれだけあることかと、いつも思います。

 すべての命を助けることはできないんです。
2018/05/23(水) 17:50 | URL | マネージャーJ #-[ 編集]
すいません、直接接触できないとも知らず終生飼養を提案するようなコメントしてしまいました。家族が生かす為の努力をしてくださることを切に願います。
2018/05/23(水) 18:39 | URL | May #InnHFb..[ 編集]
May 様

 諸事情があり、ブログにすべてのことを書くことができないことがあります。

 いろんな方が関わっていることもありますので、どうぞご理解いただきますようお願いいたします。

 お気持ちには大変感謝しています。
2018/05/23(水) 19:22 | URL | マネージャーJ #-[ 編集]
URL:
コメント:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © Con Meo 日記 All rights reserved. | 

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ