武雄市の多頭飼育崩壊現場のこと

久留米市初の猫カフェNha Con Meoのブログ。猫と出合って、触れ合って、幸せになれる猫カフェです。里親募集も。
2012/08/12(日)
 みなさん、こんにちは

 今日はNha Con Meoのお話ではなくて、私がお手伝いしているハッピーボイスのことです。今ちょっと大変なことを抱えているので、ここで皆さんにご紹介し、1人でも多くの方に知っていただきたいと思います。


 佐賀を中心に活動しているハッピーボイスは私財を投じて犬や猫たちを救う活動を続けている個人ボランティアです。

 そこで今、武雄市の多頭飼育崩壊現場の猫たちを救う活動をされているのですが、あまりに現状がひどすぎて、また保護のための費用が不足していて、活動の障壁となっています。

 無責任な飼い主のせいで猫は次々と生まれ、命を落とし、猛暑の中、水もエサもない状態で放置され、冬の寒さをしのいで生き抜いています。

 ハッピーボイスのメンバー、めぐニャンさんは何とか猫たちを救いたい、その思いで1年以上に渡って佐賀市から30キロ以上離れた武雄までエサと水を運び、暑さ・寒さ対策を続けられています。

 一人でも多くの方のご理解・ご協力をいただきたいと思います。


 武雄市・崩壊現場の猫達の死、レスキューの経緯~1

 武雄市・崩壊現場での信じられない飼い主の行動~2 


 よく野良猫が嫌いとか、猫のせいで迷惑を被っているとかいう声を聞きます。

 確かに糞尿は迷惑ですし、庭を荒らされた方は大変お怒りのことでしょう。もっともっと嫌な思いをされた方もいらっしゃることと思います。

 しかし、野良猫にも武雄の猫たちにも何の罪もありません。

 人に捨てられ、無責任な飼い主に飼われ、地域住民に疎まれ、追われ、捕獲器で捕らえられて保健所で処分される。

 こんなことがあっていいはずがありません。猫たちはただ与えられた生を一生懸命全うしようとしているだけなのです。


 まずはハッピーボイスの記事を読んでみていただけませんか。


 そして一人でも多くの方にこの現実を知っていただきたいと思います。

 どうぞよろしくお願いします。



 

 
スポンサーサイト
この記事へのコメント:
URL:
コメント:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © Con Meo 日記 All rights reserved. | 

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ