FC2ブログ

飼い主と一緒に放り出された5匹、ひとまず落ち着きました(^_^;)。

久留米市初の猫カフェNha Con Meoは常設の譲渡会場。                                                           可愛い猫達が皆さんとの出合いを待っています。                                                              ぜひ運命の猫を探しに来てください。
2018/08/24(金)
Nha Con Meoからのお知らせとお願い


 ≪靴下の着用につきましてお願いm(__)m≫

 Nha Con Meo&くるめ猫部屋では靴を脱いで入室いただいておりますが、その際、衛生上の理由により、靴下の着用をお願いしております。素足でのご入室はできませんので、どうぞよろしくお願い申し上げます。



  ≪8月の営業日につきまして≫


 今月は通常営業の予定ですが、猫の急病などの理由により営業時間が変更になることがございます。

 その際はブログ、ツイッター、FBページでお知らせしておりますので、ご確認いただきますようお願い申し上げます。




 ≪携帯からメールを送られる方へお願いです≫

 Nha Con Meoにメールをくださった方には翌日までに必ず返信しておりますが、携帯から送られた場合、PCからの受信拒否設定をされているようで、返信しても戻ってくることが大変多くなっています。

 大変恐縮ですが、Nha Con Meoからの返信がないという方、fwnv3447@mb.infoweb.ne.jpから受信できるよう設定をしていただき、改めてメールを送ってくださいますようお願い申し上げます。

 ご相談はお名前、お住まいの地区、連絡先を明記の上お送りください。
 



 

 みなさん、こんにちは。

 
 2015年11月のとある日にかかってきた一本の電話から始まった多頭飼育崩壊現場との関わり。

 1DKのアパートに暮らしていた18匹の猫達。2匹までしか飼えない部屋でした。

 約束を守らなかった飼い主Tさんのせいで、16匹が行き場を失いましたが、部屋は崩壊状態、とても他の人に貸せる状況ではありません。

 でも、Tさんが借り続ける限り、家賃収入はありますし、管理会社も目をつぶったのでしょう、3匹までならOKと。

 そしてTさんは「3匹は〇〇さんに上げる」と嘘をつき、手元に6匹を残しました。

 
 かくして、私が12匹の猫を引き取り、苦労してくるめ猫部屋を作りました。

 
 ボランティアの皆さん、サポーターの皆さん、ご支援者の方々のおかげでこれまで何とか続けてこられたくるめ猫部屋は、こうして始まりました。


 多頭部屋に残してきた6匹のことはずっと気になっていました。

 糞尿の悪臭が充満した劣悪な環境で、猫達はどんな思いで暮らしていたのでしょうか。

 きっと他の人に譲渡するというのは嘘だろうと思っていました。


 そして、こちらで引き取った12匹のうち、10匹が幸せをつかみ、シャムG&キン2匹の幸せ探しをするだけになっていたのですが…。


 シャムG&キン
 オレ達、マグネット(=^・^=)


 10日ほど前に、動物病院に行く途中でTさんを見ました。

 脳梗塞には悪いでしょうに、タバコなんか吸っていました。
 
 そして、何と、違う場所で帰りがけにまた、Tさん…嫌な予感がしました。


 8月21日の午後、また例によって「お宅では猫を引き取ってもらえますか」という電話がありました。

 でも、今回はいつもと違いました。

 「実は、生活保護の飼い主がアパートを強制退去になるんですが、猫がいて、その猫達の引き取り先を探しているんです」

 ピーンと来ました。

 「もしかして、Tさんですか」…ビンゴです。


 とうとう下の階のお部屋にまで迷惑をかけることになり、ついに強制退去が決まったと。

 しかも、もうTさんも猫達も部屋の外に出されているというのです。

 驚きました。

 Tさんのことは正直なところどうでもいいのです。問題は猫達。


 「猫たち、どうしているんですか?」

 「5匹のうち、1匹は壁に開いた穴の奥に入り込んでしまって捕まえられなかったんですが、4匹は捕獲してケージに入れて会社の駐車場に置いてあります。」


 何と、捕まえる前に餌も食べさせて、今は水もやってくださっているんだと。

 管理会社の不動産屋さんのスタッフHさんが猫好きさんで、殺処分は何とか避けたいと頑張ってくださっていたんです。


 詳しく話を聞くと、飼い主Tさんは、「3匹飼っていたのが1匹死んで、2匹飼っている」と言っていたそうです。 

 ところが、改装工事前日の強制退去の日になり初めて、5匹いることが分かりました。
 
 それで慌ててこちらにお問い合わせがあったようなんです。


 この不動産屋さんは、猫カフェを開業する前に物件探しをしていた時、対応がとっても冷たかったので、今回は私の中でずいぶん株が上がりましたよ(^_-)-☆


 とにかく、この暑さの中、駐車場は可哀想です。

 緊急でSOSを発信しました。


 まず、その日のうちに首の怪我がひどく状態が悪い子を猫ボラNさんが預かってくださいました。

 多頭崩壊の猫達
 Nさんが“レオン”と名付けてくれました。ぴったりです。


 長毛のとっても綺麗な子。


 多頭崩壊の猫達
 傷が痛々しいです(T_T)。
 

 翌日、あさ9時から工事が始まるというのに、まだ壁の中から出てこず、捕獲器にもかかってくれなかったメス猫のカツラちゃんは、取り壊し工事とともに無事捕獲。 


 いつも見守ってくださるNさんがまたまた今回も預かってくださることになりました。


 そして、3匹は…なんと、不動産会社のスタッフHさんがご自宅に置いて下さっていると。

 シャンプーもブラッシングも済ませて。


 幸い、心ある預かりAさんが3匹とも、無期限で預かってくださることになり、昨日、無事Hさんのお宅からAさんのお宅に移りました。



 とっても猫好きなAさん。

 預かりA様(1)
 3匹のお届け時には完璧に迎え入れの準備が終わっていました(@_@;)


 もともと4匹飼っておられたのですが、3年前に2匹、そして去年2匹続けてなくなり、寂しい思いをなさっていたそうです。

 
 預かりA様(2)
 多頭崩壊の部屋にはタワーなんかありませんでしたよ(*^_^*)。


 でも、年齢的なこともあり、新しい猫を迎えるのをためらっておられたところに、私からのSOSをキャッチ。


 預かりA様(5)
 ケージも完璧(*^_^*)。


 すぐにご連絡をくださって、3匹を迎えてくださることになったんです。


 預かりA様(3)
 多頭部屋のトイレはいつも汚れて不潔でした(T_T)。天国と地獄です。


 ここなら安心して暮らせます。


 多頭崩壊の猫達


 この5匹、みんなとてもきれいな子達です。


 多頭崩壊の猫達


 もともとの飼い主Tさんが手放したくなかったのも無理はありません。


 でも、やっぱりあの部屋で暮らすのは可哀想です。


 ケンシロウ
 多頭部屋にいたケンシロウ。みんなのパパだと思います。


 3年…猫にとっては12年です。


 多頭飼育現場の猫たち②
 奥の子と手前の子が今回保護されました。真ん中はレグ。すでに幸せを掴んでいます。


 18歳だった子は30歳になっています。


 多頭飼育現場の猫たち③
 真ん中の女子が、怒りんぼママに似てちょっと気性が激しいらしいです…(^_^;)。



 3年前に、私が全頭引き取ると言った時、素直に手放してほしかった!!


 カツラちゃん
 最後まで壁の中にいたカツラちゃん。


 この5匹と、この部屋で亡くなってしまった「怒りんぼママ」が不憫でなりません。


 怒りんぼママ
 アタシの子達を宜しく頼んだよ。


 怒りんぼママ、どうか安らかに…。


 そして、何とかこの子達と、くるめ猫部屋で出合いを待っているシャムG&キンに幸せを掴んでほしいと思います。

 


 これから怪我の治療、検査、ワクチン、去勢手術…。

 里親募集はもうしばらく先になりますが、どうぞ宜しくお願いしますm(__)m。


  

 ※Happy Cat 299 Clubの日々の活動はFBページの方でさせて頂いていましたが、現在はこちらでご紹介させ頂いています。これ以前の活動につきましては、どうぞこちらでご覧ください。

 ≪ご支援振込先≫
   ゆうちょ銀行
    名義:Happy Cat 299 Club
    記号:17440
    番号:53407791

     (他の金融機関からの振込)
     店名:七四八
     店番:748
     普通預金 5340779
 
 こちらに振り込んでいただいたお気持ちはすべて外猫の避妊去勢手術とそれに関わる費用に充てさせていただきます。

 どうぞ宜しくお願いしますm(__)m。


    
 日々のNha Con Meoのニャンズの様子はfacebookページでもご紹介しています。



 こちらは久留米市の動物管理センターの収容状況です。飼い主さん、1日も早く迎えに行ってください。


 では、また

 



 

   
 
   

 
 「預かりボランティアさん募集のお知らせ」


 1.センターに持ち込まれた乳飲み子が離乳した後、里親さんのところへ行くまでの一時預かり。

 2.外にいたら命の危機があるような子は保護せざるを得ません。そのような子に治療を受けさせる間の預かり。

 3.行き場のない猫に里親さんが見つかるまで、もしくは猫ルームに欠員が出るまでの短期~長期の預かり。

 一時消えてしまった命は2度と戻りません。

 複数の預かりさんがいれば、次の預かりさんに託すこともできます。

 どうぞ命のバトンをつなぐリレーに参加していただけませんか。詳細は4月11日の記事をご覧ください。

 預かりは登録制です。預かっていただきたい猫がいない場合もあります。

 詳細はご相談しながら決めたいと思います。

 まずはお気軽に fwnv3447@mb.infoweb.ne.jp にお問い合わせください。

 どうぞ宜しくお願いします。




ぽちっと応援宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント:
本当に本当にありがとうございます。
何もできない自分がもどかしくて、申し訳無くて、、
でもこうして猫さんを大切に思ってくださる方がたがいて、命がつながっていくのだと思います。
ありがとうございました。感謝です。
2018/08/25(土) 20:41 | URL | しろちゃん #-[ 編集]
しろちゃん 様

 何か事件が起きて大変な窮地に立たされたとき、必ず助けてくださる方が現れます。

 これまでもずっとそうでした。その方々のおかげでこれまで活動できているんです。

 有難いことですm(__)m。


 
2018/08/26(日) 17:39 | URL | マネージャーJ #-[ 編集]
URL:
コメント:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © Con Meo 日記 All rights reserved. | 

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ