FC2ブログ

みーちゃん、頑張りました(#^.^#)。

里親募集型の猫カフェNha Con Meoではいつでも里親募集中です。                                                              ぜひ運命の猫を探しに来てください。
2019/12/24(火)
Nha Con Meoからのお知らせ&お願い

 初めての方は必ずお読みください。「システムのご案内

 猫を保護された方はこちら。「猫を保護された方へ

 ※ご相談、お問い合わせはメールfwnv3447@mb.infoweb.ne.jpでお受けしています。お名前と連絡先(お電話番号)を明記のうえ、PCから受信できる設定でお送りください。できるだけ2~3日以内に返信しておりますが、返信がない場合は、着信拒否設定になっていないかどうかご確認くださいますようお願いいたします。


 Nha Con Meoは移転しました!!

 道路拡張工事で立ち退きとなったため、2019年2月に西町の旧店舗を閉鎖し、3月に諏訪野町にて移転オープンしています。電話番号は以前と同じですので、ナビに電話番号を入力さないますと、旧店舗に到着してしまうことになりますが、現在すでに建物は取り壊され、跡形もなくなっています。諏訪野町の住所でご来店いただきますようお願い申し上げます。
 
 尚、移転に伴いまして、営業時間等を変更させていただいておりますので、このブログのプロフィール欄でご確認くださいますようお願い申し上げます。


 Nha Con MeoのSNSはこちらから!!

 日々の猫達の様子や里親募集中の猫たち、営業時間の臨時変更などお店からのお知らせ…等々、こまめにアップしています。ぜひのぞいてみてくださいね。

 Facebook⇒FBページ

 ツイッター⇒「てんてん店長」のツイッター

 こちらもツイッター⇒Nha Con Meo
 
 インスタグラム⇒インスタグラムnhaconmeo

 

 ≪営業時間の変更につきまして≫

 ○年末年始は、12月30日(月)~1月3日(金)休業いたします。

 1月4日・5日は13:00~18:00です。宜しくお願いしますm(__)m。


 上記以外で営業時間の変更がある際は、こちらのブログ、FBページ「てんてん店長」のツイッターインスタグラムnhaconmeo、および留守番電話の録音メッセージでお知らせしておりますので、ご来店前にご確認いただきますようお願い申し上げます。



 みなさん、こんにちは。

 保健所に持ち込まれた猫を1匹でも多く助けたいと始めたNha Con Meo。

 開業から2年間は生後1か月以上の可愛いくて育てやすい子猫だけを引き出していました。


 初代脱走王イチロー君
 最初に引き出した子猫、イチロー君。


 しかし、実際に処分されているのはほとんどが生後1か月未満の乳飲み子。

 3年目からは久留米市動物管理センターからの信頼も得て(多分)、乳飲み子の引き出しができるようになりました。


 チマチマニャンニャンズ
 初めて育てた乳飲み子。手探り状態でしたが、みんな幸せになりました(^_^;)。


 そこから、“若さと美貌(?)”を削る日々(^_-)-☆。

 乳飲み子を引き取って育てるって、可愛くて楽しいけれど、本当に大変です。

 続けて睡眠をとることはできません。

 粉ミルクは高価で、経済的な負担も大きいです。

 みんな元気に育てばいいけれど、途中で亡くなってしまう子もいます。


 それでも、手を出さなければ死んでしまう。だから、きつくて、しんどくて、大変ですが、頑張っています。

 でも、どんなに頑張っても頑張っても、センターへの持ち込みがなくなることはありません。

 野良猫が産み続けているからです。

 餌をやっている人の見えないところで、関係ないところで、倉庫や、小屋や、軒下で産んでいます。

 所有者にとっては縁もゆかりもない野良猫の子。迷惑に思って保健所に持ち込む人がいるのも当然のことだと思います。

 餌やりさんにしてみれば、子猫が生まれても、どこにいるか分からないし、いつの間にかいなくなるから、問題意識が希薄になりがちです。


 だから、Happy Cat 299 Clubの名前で野良猫の避妊去勢活動を続けています。

 細々と、なので、焼け石に水かもしれません。

 でも、やらないといけないこと。地域猫活動を、TNRをたくさんの方に知っていただいて、その輪を広げたい。

 
 私自身は野良猫に餌やりはしません。

 餌をやる以上、その子の一生に責任を持つ覚悟が必要です。仕事と店と猫達のお世話と…根性なしの私にはここまでが限界です。

 だから、野良猫に餌やりをしている場所で、餌やりさんが協力してくれる場所でTNRをします。


 2016年 TNR No.2①
 すべての外猫が手術を受けられたら…。


 猫達の生息状況を餌やりさんに伺いながら捕獲の計画を立て、病院の予約をし、餌やりさんと共同で捕獲し、手術を受けさせてワクチンを打ってもらい、リリース。


 かいせん君、リリース(*^_^*)
 全身を疥癬に侵されていた“疥癬君”も、疥癬が治ってから去勢しました(#^.^#)。



 術後に異常がないかどうか、餌やりさんに見守りをお願いします。 

 でも、協力的な餌やりさんばかりではありません。どちらかと言えば、協力してくれない、接触できない餌やりさんの方が多いです。


 地面にこんもりドライフードを山盛りにして、後片付けもせず、放置して去っていく方も多いです。


 「あんたたちが餌やりばするけん、猫達が集まってくーが!!(あなた達が餌やりをするから、猫達が集まってくるでしょう!!)」

 
 そんなトラブルを避けたいからです。 
 

 そして、そんな場所には猫を棄てる人も少なからずやってきます。

 今年は、TNR活動をしている場所で何匹保護したことでしょうか。
 
 家の中で生まれた猫を外に棄てても生きていくことは難しいです。

 ずっとそこで暮らしている野良猫だって、生まれて8割は死んでしまうと言われています。生き残るのは2割。

 その2割の逞しい野良猫に混じって、飼われていた猫が生きていくのは至難の業です。

 つい最近棄てられた子猫がもういない…。よくあることです。

 運よく誰かに拾われたかもしれない。カラスが咥えていったかもしれない。

 だから、TNR現場に棄てられた飼い猫はできる限り保護しています。

 
 前置きが長くなりましたが、みーちゃんはそんな棄て猫の一匹です。

 とっても人懐こくて可愛い三毛猫。ファンも多いです。


 捨て猫、みーちゃん
 ホントに可愛いんです(#^.^#)。


 正確な年齢は分かりませんが、今年の春生まれなのは間違いないでしょう。

 
 できるだけ早く里親様に…と思っていたのですが、この3週間ぐらい、後ろの左足を引き摺って歩くようになりました。

 肉球に怪我でもしたのかな…軽く考えて、2回目の混合ワクチンの時に診てもらったところ、触診で関節が“ゴリゴリする”と。

 どうやら骨折しているようだということで、レントゲンで確認したところ、股関節の先っぽ、成長板というところが折れていることが分かりました。


 みーちゃん、股関節骨折
 2回目のワクチンの時に捕ってもらったレントゲン。



 前回のワクチンの時は異常がなかったので、それ以降、少し時間が経っていると言われました。

 知らないうちにキャットウォークから落ちてしまってのかもしれません。


 ということで、昨日ミーちゃんの手術が無事終わり、今日、退院しました。


 みーちゃんの股関節、術前
 左足の筋肉も右に比べて落ちているそうです(^_^;)。


 元気食欲もモリモリ。とてもそんな大怪我をしているとは思えませんでした。


 みーちゃんの股関節、術後
 折れているところを切除してすっかりなくなっています。


 手術の様子を伺いましたが、折れた骨が肉に刺さっていた(?)そうです。


 みーちゃんの股関節、成長板の骨
 股関節の軟骨もすり減っていたそうです。


 切除したところに軟骨ができてくるそうです。

 そうしたら、普通に歩けるようになるでしょう。


 みーちゃん、傷が痛々しい
 痛々しいです(T_T)。


 こんな足ですが、高いところまで移動します。

 本当はケージに入れて、動き回らないようにしないといけません。

 でも、みーちゃんはケージが大嫌い。

 保護した当初も、火がついたように一晩中鳴きつづけました。

 そして、今もケージに入れておくと、激しく鳴きます。

 ということで、ケージフリーにしています。
 

 みーちゃん、頑張ったね
 好きなように歩いて、好きなところで眠るのがみーちゃん流なんです。


 治ったら、早く里親さん見つけようね(#^.^#)。


 とっても可愛いミーちゃん、家族にしてくださる方、いらっしゃいませんか。


 どうぞ宜しくお願いしますm(__)m。




   
 ※Happy Cat 299 Clubの日々の活動はFBページの方でさせて頂いていましたが、現在はこちらでご紹介させ頂いています。これ以前の活動につきましては、どうぞこちらでご覧ください。

 


 こちらは久留米市の動物管理センターの収容状況です。飼い主さん、1日も早く迎えに行ってください。


 では、また

 



 

   
 
   

 
 「預かりボランティアさん募集のお知らせ」


 1.センターに持ち込まれた乳飲み子が離乳した後、里親さんのところへ行くまでの一時預かり。

 2.外にいたら命の危機があるような子は保護せざるを得ません。そのような子に治療を受けさせる間の預かり。

 3.行き場のない猫に里親さんが見つかるまで、もしくは猫ルームに欠員が出るまでの短期~長期の預かり。

 一時消えてしまった命は2度と戻りません。

 複数の預かりさんがいれば、次の預かりさんに託すこともできます。

 どうぞ命のバトンをつなぐリレーに参加していただけませんか。詳細は4月11日の記事をご覧ください。

 預かりは登録制です。預かっていただきたい猫がいない場合もあります。

 詳細はご相談しながら決めたいと思います。

 まずはお気軽に fwnv3447@mb.infoweb.ne.jp にお問い合わせください。

 どうぞ宜しくお願いします。




ぽちっと応援宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事へのコメント:
URL:
コメント:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © Con Meo 日記 All rights reserved. | 

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ